読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

投票してください地獄

今、アマチュアバンド界で
サマソニ投票」を呼びかけるのが流行しています。
投票のお願いって、選挙前によく電話がくるあの党のやってることを想起させるので、なんだか嫌な感じ。
私は動画を見て、いいと思った人に入れるよ、自分の感性で。
そんなスタンスでいます。
完全なオープン投票制なんですが、多くのバンドは無名。多分普段のノルマも達成できるかできないか、みたいな方々も多い。
でもお願いする。善意をお願いする。毎日投票するようにお願いする。
ある人たちは携帯とPCから一日に票入れてくれるようにお願いする(これ、投票規約違反)。
ある人たちは周囲の友達にも薦めてくださいとか頼んでくださいとかお願いする。
ある人たちは、事務所やレーベルの力(見えざるカラクリ)で物凄い得票数を稼ぐ(そしてある人たちはそんな事務所にお金を持っていかれてしまう)。
ある人たちは、ネット上の祭りになって、異様なまでに得票数を稼ぐ。
投票お願いします!一票お願いします!
もう善意の押し付け。
すべて音楽の良し悪しやライブ動画の良し悪しに関係ありません。
そんなことで票数稼いで喜ぶって、もう、マルチ商法や宗教の世界。
そうやってででも「出たい」というのが、バンドとかやってる人間の思考。
そしてあちこちにお願いしていろんな人に不愉快な思いをさせているのにも気づかずに投票させまくる。
こんなことやって誰が得するんだろう。
そしてこんな穴だらけの投票企画をどうして実行するんだろう。
もしこれで出場バンドがそうやって宗教行為と規約違反ばかりしてきたバンドだったとしてもいいんだろうか。
サマソニなんか一度も行ったことないし出るバンドもろくに知らないような奴らが出ることになってもいいんだろうか。サマソニなんか一度も行ったことないし出るバンドもろくに知らないような奴らが投票しててもいいんだろうか。
質の低いバンドばっかり出てもいいんだろうか。
それでもこの企画をやるということは、きっとこうやって猫も杓子も投票に参加できるシステムにメリットがあるんだろう、会社として。
気持ち悪いので誰にも投票せず、お願い日記が多量にミクシイだのブログだのにあげられていても、気にしないことにしていたのですが
ふたを開けてみたらあの人もこの人も皆投票のお願いをしておりまして
きっと、こんなクソ企画でも応募するのがトレンドなんだなと思った次第。
なので私も応募することにしました。
今週中には投票可能になると思います。
動画見て気に入ったら投票するといいと思います。