読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

無職になって分かったこと

OL10年生なんつう歌を作って歌って踊っているうちに月日がどんどん過ぎていき、16年生になる直前に会社をやめることになった。
四月中旬まで社員だけどもう出社しないでよくなったのだ。
無職の始まりである。
3月、私は無職となったのだ。
もちろん、OL10年生なんつう歌を作って歌っていたくらいに会社員であった。OLなのかは分からないがキャリアウーマンといってもいいくらいのウーマンであった。
しかし無職になったのだ。
無職。朝昼晩ゴロゴロしていてよいのだ。幸い夫は家事に抵抗がないので、私が家事できないごめんとゴロゴロしていればそれはそれで家事やってくれるので家庭が普通に回る。
無職。
そんな風に家事もしたりしなかったりして、ゴロゴロしてたら七月になってしまった。
もはや朝起きて満員電車で出社していた頃の自分が遥か遠くにいってしまった。
しかも、恐ろしいことに、抵抗がないのだ。働かないことに抵抗がない。
わたしは、このまま、この条件でいられるなら一生働かないんだろうなぁ。
恐ろしいことに、働かない自分に、なんの危機感も芽生えないのだ。
会社をやめたときは、ゆっくり療養しなとか言ってた周囲の人たちのほうが心配し始めて働けとか言い出すレベルである。
それほどまでに危機感がない無職であった。


危機感が芽生えない理由はいくつかある。何より大きな理由は、働く気になったら適当な会社に応募して面接受ければ採用されんだろうという自信である。
これは自信持ち過ぎている私もいけないんだが昨秋の転職活動がいけなかった。あれがうまくいきすぎていたのだ。
何故か37歳の坊主のおばちゃんなのに会社を選べる状況だったのだ。多分キャリア云々よりも面接が得意なのが原因だと思う。
あんだけうまくいってしまうと、いつでも大丈夫なんだぜと思い込んでしまう。


このままいくと、いつでも大丈夫なんだぜといいながら一生ゴロゴロしているんだろうな。
まぁ、それの何が悪いのかもはっきり分からないのだが
あまりに危機感が芽生えない自分に対して危機感が芽生えてきた。


危機感が芽生えてきたので、あと、いろいろあったので、とりあえずハローワークに行った。
原付でフラッと行けるのだ。
失業給付の手続きだ云々と何度か行ってるのだが、危機感がなく、仕事に関してとんでもない条件を出していた私に、マッチする企業を見つけてくれたりしていたハローワーク
で、その時そこで職業訓練の追加募集のチラシを見つけた。
忘れていた!職業訓練のこと忘れていた!
そう、失業給付の説明会のとき職業訓練所の人がきて、いろいろ説明してくれたのだ。
で、その中に、ロボット技術コースというのがあるらしく、文系出身SEの私がまったく学べなかった電子回路やらマイコンやらの制御技術が勉強でき、ロボットが作れる。
ちょっと行ってみたいなぁアハハウフフと思って家でも夫にロボットあるんだってアハハウフフなんて話をしていたのだが
なにしろ危機感がないのでいつまでに申し込んだらいいのかなんてこと忘れていつのまにか申し込み期限が過ぎていた。
そのロボット技術コースが追加募集してるんだそうだ。
そのチラシを見てみたら、追加募集の締め切りが翌々日だった。
翌々日!!!!!!明後日までか!
願書を直接訓練センターに持って行けばもう一日先まで受け付けているらしい。
間に合う!!!!!


と、いうわけで、職業訓練の担当の人に受けたいですぅって話をしたら、色々必要で、よし!明後日までに揃えるぞ!願書は直接持っていくぞ!ってことになった。
面接の日までにジョブカードというのを完成させなくちゃいけなかった。
なので、ジョブカードは明日作って明後日ハローワークで添削受けますって約束になった。
ジョブカード、よくわかんないが、一回でOKになることは無いそうで、その次の添削予定も立てた。
結果的には翌々日にジョブカードは一発OKで、訓練所の面接も受かり、訓練所の入所説明会にも行き、八月から職業訓練に通うことになった。
ふらっとハローワーク行った日から二週間で急激にあれやこれや動いていった。
もう来週は学生である。


その気になって動けば拾ってくれる会社はいくらでもあるのに職業訓練行って年齢重ねていいのかなって気持ちもあったりしたんだけど
何年IT業界にいても、わたしは根が文系なのだ。しかも新卒ではサービス業にいたし。人前でしゃべる研修は死ぬほど受けたけど、データベースの研修受けたことないし。
プログラマになったときも、まあ趣味の延長でコード書ける、書くのは大好き!ってだけで拾ってもらったし。
まあそれでも文学部の出身だが文学部の出身なりに、なんとかがんばってきたし、好きな仕事ですが。
基礎が圧倒的に足りてない自分には、今を逃すと、制御系とか学ぶチャンスは巡ってこないんじゃないかなと思ったわけです。


この一ヶ月くらいの間なんだけど、いろんな人に、くつしたは才能も運も実力もあるし、認めてくれる人や好きになってくれる人もほんとにたくさんいて恵まれてるんだから!と言われた。
何人もみんな同じことを言うのだ。
で、だから大丈夫だよって言う人と、もっとちゃんとやって音楽で食えるようにしろよって人がいて。
ちゃんとやってない風に見えるのか、と、一瞬思ったが、いやまぁそりゃそうだよな。
でも、くつした、周囲が言うような「ちゃんとしてる感じ」で、ちゃんとやってたら、今ほど愛されてないんだろうなって思う。
だいたい人生のスタンスとして、生まれたときから、ちゃんとしてない感じなんだと思う。
音楽だけじゃなくて他のことにも言えるんだが。
だから何ヶ月無職でも平気でいられるのだ。
仕事してるうちから気づいてはいたのだが、無職になって初めてわかった。
おそらく何もしないでいても平気なのだ。


そんな私ですが、職業訓練は、何もかも忘れてしまうくらい没頭したいです。
脇目も振らず頑張ろうと思います。
ちゃんとします!!


書いておかないと、忘れそうなので書いておきました。