読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

字が汚い人は

字が汚いんです、物凄い悪筆です。
最初から汚かったので子供のころ習字教室に行ったのですが、自分の氏名をバランスよく書けるようになったくらいで、その後も悪筆です。
しかも結婚して姓が変わってしまったので今あまり意味が無い。
ただ、書道はアレはアレで普段の文字とは別の世界なんですね。
私は絵なら字よりは得意なので、絵だと思うことにしました。
「行書」をやるようになった小6のとき、今までの楷書と違って「なんかそれっぽく書いたらそれっぽく見える」と勘違いして習字が楽しくなり、学校で「何でも書いていい」という課題が出た時に、書初め巨大半紙を繋げて超長くして、万葉集の防人歌をデカデカと漢字だけのやつで行書っぽく書きました。
そうしたらほめられました。習字でほめられたの初めてでした。
そこで学んだのです。

  • 字をでかく書けば綺麗に見えなくも無い
  • それっぽく崩すと行書っぽく見えるので達筆と思われるかも

その後、実践しています。
でも、もう汚いのはどうしようもないんですよね、今もIT時代とはいえ字を書くことがまったく無いわけではないですから、汚い人は丁寧に書いたところで汚いものは汚いので恥ずかしい。
とりあえず

  • それぞれの文字の大きさを同じにする
  • 傾きを同じにする

この2点だけ守ればそれなりに見やすくなりますよ、て話です。