読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

Excel怖い

文系プログラマは何を思う。

新卒で入った会社は、ワードエクセルではなく「ロータス一太郎」が標準ソフトでした。
1999年のことです。
当時はプログラマでもなんでもありませんでした。
IT業界でありません。
ワードと一太郎は大学時代に使ってましたし、家のPCにも入ってましたが
ロータス123は使ったことありませんでした。
記憶があいまいですが、windows95の時代って
ワードエクセルバージョンかロータス一太郎バージョンを選ぶような感じで量販店で売ってたように思います。
で、我が家のPCは実家から貰ったロータス一太郎バージョンのwin95PCで、ロータスはアンインストールしてしおり、卒論の為にワードを入れたのでワードと一太郎が入っていたのです。
ロータスって何。
しかしいろいろ本社との連携のデータ処理などにロータスなるものを使わなくてはいけない。
そして周りの人から「パソコンに詳しい」と思われている自分は
その作業を任されるわけです。
どうしよう。
当時は、式をセルに入れると計算できるよとかそういうのも知らないレベルですが
ヘルプ見たりして頑張ってそれなりに使えるようになりました。
ああロータス123。

そして「パソコンに詳しい」と思われていた私はその後、異業種転職をしてしまい
結局プログラマーになってしまうわけですが
今度は「Excel」が当たり前の世界なのです。
ちょっとロータスで足し算ができるからといってそんなものは何の役にも立ちません。
今度は家のPCにもエクセルをインストールして
「10日でマスターする初歩のエクセル」みたいな本を買ってきてきちんと勉強しました。
エクセルってすげえ!!いろいろできる!!!
ということで無事にIT業界にやってこれました。

でも「Excelを使ったことないのにIT業界にやってきた」という負い目があり
今やロータスのことなど忘れてますし、マクロもVBAも自在に使えるというのに未だに「エクセルが怖い」と思ってしまいます。
最初の体験って大事なんですね。