読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

若者と語らう

昨日は若者たちと一緒のライブイベントに出ました。
最初、会場に着いた時は、なんかもう本当にみんな若くてどうしようこれまではこういう時も若者とけっこう仲良くしていたし、こういう時仲良くなった若者バンドにイベント呼んでもらったりしてきたし、いけると思っていたんだけど
そうなんだけど今回のこれはマズイだろう何かだいぶ違う気がする、仲良くなれないかもしれないし気軽に話しかけたら「なんだこのおばさんは」と一瞥されそうだ!!!と
珍しく気後れしていたのですが
徐々に打ち解けてきたり、なんか若者側が積極的に話しかけてくれたりして
終わる頃には結構しゃべってました。
しかし、もう最後の頃は眠いのもあって酒も飲んでないくせにテンションがやばくなっており
女性の膣は形状記憶機能があるから、いちど巨根と付き合いだすともう結婚するしかない、だからあいつはあの男と結婚したに違いない!!!という話を延々とイケメンな若者にしていて
若者は喜んでましたが後になってあれは無理させてしまったのではないかと思いました。ごめんなさい。恥ずかしい。


でも、なんつうか普段の生活だと絶対にこういう若者にまとめて出会いフラットに会話ができるなんていうこともないわけですから
音楽やっててよかったなと思いました。