読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

くたばっちまえザーメン

精子の話をします。


※この物語もフィクションです。


大学の時の後輩なんですが、あ、女の子なんですが
なんか私が就職してそいつも就職してしばらくしたとき
精子というか精液というかあれは何ですかね、いわゆるザーメンですか
それを顔に塗ってパックみたいなことをしたら
肌の調子がすこぶるよくなったと。
そんないらん情報を送ってよこしたわけです。
しかしそれってどうやってそのザーメンを採取したんでしょうか。むしろその方が気になります。
そりゃもちろん性的な(関係ないが静的SQL動的SQLみたいな単語が職場で飛び交うたびにドキドキしてしまうんです、性的とか昼間から何言ってるんだと。)行為をなさった際に採取するわけですが
顔に塗るってことはアレですか、顔射ですか。BUKKAKEですか。
そんなのAVの中だけなんじゃないんですか。
BUKKAKEされてそのまま塗りたくるんですか。
問題はどこに出させてそれを塗るかということなんです
その「どこに出す」かがインテリジェンスの分かれ目です。
どこに出すんだ。
いろいろ考えたのですが、わかりませんでした。
でもそういえばその後輩と飲んだときに先輩はクリ派ですか穴派ですかと真面目に聞かれたことがあったなと。
そのとき私がなんて答えたって?
「処女なんでわかんない」
もう、それでいいじゃないですか。なので結局同じ返信をしました。
「処女なんでわかんない」
もう、何もかもそれでいいと思います。
しかし、本当に男のザーメンは肌にいいんですか。
まったく確かめようと思わないのは塗るとか考えられないからです。
においが


※この物語はフィクションです。


どうしても人間っていつかは死んじゃうんだから、ザーメンは顔の肌の具合をどうにかするようなことに使わないで、もっと有意義に凍結でもして保存しておけばいいと思います。


※この物語はフィクションです。


そうして和子はぐっしょりとぬれたパンティーを脱ぎ捨てた。そして言った「あたしを抱いてちょうだいな。」


※この物語はフィクションです。


でも、処女なんでわかんないです。