読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

ディズニーランド

もう10数年前の話。

大学の入学手続きに行ったとき、なんか生協の人が
生協主催の「バスハイク」というのがあるから、とか誘ってきた。
皆でバスでディズニーランドに行くらしいのだ。
大学行ってもそんなのあるのか。
まあ引っ越して間もないので友達できるようだしとりあえず参加してみました。
大学って最初に友達できないとその後辛いとか聞いたことあるし。
で、クラスの8割くらいは参加していたように思う。あ、出身大学小さいんです、同学年の人数、全学科あわせても高校のひと学年並。

バスの中でマイクまわして自己紹介が始まって、なんか大学生になってもこんなことやらされんのかと。
その後強制的に組まされた班によりディズニーランドに放たれたのでした。班行動厳守だとか。
その班が最悪だった。
なんか「ディズニーランド慣れ」してる女が仕切りだして、こういう順番で回ろうとか強引に回り始めた。
スペースマウンテンにいきなり行かされるのです。
私はああいった乗り物が苦手というか大嫌いで、しかしまあ空気を読んで皆と一緒に乗ってしまい
そりゃもう本当に気分が悪くなってその後3年くらい引きずるくらい最悪な気分で
でもなんか次はなんとかマウンテンみたいな乗り物に乗るとか仕切り女が言い出して
別に私が苦手だからとかそういうのほっといて「苦手なら乗らなければ」的なことを言ってズンズン進むのです。ああもう班行動から離脱。ごめんなさい。ほんとごめんなさい。
あーあ、来るんじゃなかったなと思った。

その後入学式があって、その次の日だか何だかにクラスのオリエンテーションみたいなのがあって縦割りのなんかがあって、夜は生協主催のコンパみたいなのがあって、いろいろあったのですが
入学式は出たけどオリエンテーションだか何だかの日に風邪ひいて早退して、それから先何がなんだかわからなくなって
結局もうクラスについていけなくなりました。大学に殆ど行かない素地が4月上旬にして完成されてしまった。
入学記念アルバムに全く写ってないのはそのせいです。

でも、ディズニーランドで同じ班から離脱して私と一緒に当たり障りの無いのを見て回ってくれたヤツがいて。そいつとはその後同じ部活になったりもするんで、卒業後もずっと仲良しです。

そんなわけで、乗り物に乗れないのは申し訳ないので遊園地とかの類にはなるべく行かないようにしてそれからの人生を生きてきました。ディズニーランドもあれ以来行ってません。シーのほうは何年か前にバンドの打ち上げで行きましたが、その1回だけです。