読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素通り通信

愉快な記録です。

祝日のありがたさ

私が小中高生の頃はそんなものなかったのですが
ハッピーマンデーになって何もかも休日が月曜日になってしまうことに
気がかりなことがあって
それは月曜日の授業とかどうなってるんだろう、休みばっかりで
ということです。
週に一回しかないような科目が月曜にあったら休みが多くて進まないんじゃないかな。
中学の3年の時だったか、なんか一学期に美術の授業がすんごい少なかったんです。
何曜日だったか忘れたけどあれやこれやと潰れてしまって
かなり好きな科目だったので寂しかったわけです。
出されてた課題は自画像だったのをはっきり覚えてます。
大体みんな中学生は自画像なんて照明写真みたいな顔正面バストアップを書くわけですが
私は斜めで何か手もポーズつけたりして、顔も笑顔。
妙にかっこつけた絵でした。そのへんもよく覚えています。
授業が少なくて完成まで程遠いから、みんなで残って放課後に描いたりしていたのです。
で、みんなでぶつくさと
なんか時間割ってアレですよね、固定しないほうがいいのかもね、週ごとに決めたりすればね。
等と言ってました。
私が今中学生とかだったらどう思ってるのかな。
月曜に体育が集中してくれることを願ってるだろうなあ。
体育、もう本当に苦手で。
逃げたくて逃げたくて。
でも休んだり見学したりするとただでさえ低い成績が更に低くなるので、出るしかなかったんだよなー
そんなことを祝日の朝から考えておりました。
祝日はありがたいですね。